20代前半で使うアンチエイジング美容品

現在24歳で、美容師の母(54)がすすめる新商品(クリーム、化粧水と洗顔)をその都度使用したところ、6回のうち、6回共に翌日ニキビができ、肌が荒れました。

 

使用した美容品のひとつは、皮膚年齢が早く進み、シワが深くなった少年の治療薬として販売されているものや、水色のパッケージのものです。

 

母いわく脂過多だということで、それ以来使用していません。

 

確かに大人の女性に向けて売られている商品ですので、そのキャッチフレーズは20代には早いよというメッセージも含まれているのかと納得しています。

 

アンチエイジング美容品を購入されるお客さまは、50代?80代の方が多いです。30代の方はそれほど気にしている様子が無いのと、結局は肌年齢なのかもしれないと思います。

 

現在の歳で使用してみた結果、やはりアンチエイジング商品関連のものは、20代のうちには使わないでおこうという感情が生まれたこと、理由にとてもキツイ、イコール肌に良くないものも入っているのかもしれないという印象におさまりました。

 

30代になっても、肌に(シワ)が無いならば、再度使用してみようとは中々考えが改まらないように思えます。結論、シワが無ければアンチエイジング商品は必要無いのだろう、という個人意見です。

関連ページ

頑張ったのに、ダメなの?
アンチエイジング頑張ったのに、ダメなの?
今できることを肌にしたい
今できるエイジングケアを肌にしたい
私が実践しているアンチエイジングの方法
私が実践しているアンチエイジングの方法